Pure eyes diary

小野仁誠またの名をはぐるまと申します。シンガーソングライター、ラッパー、楽曲提供などの音楽活動をしています。趣味でイラスト、ロゴ、などのデザインや動画編集などもやっています。平成7年6月5日生まれ。現在23歳です。よろしくね٩( "ω" )وMy name is JinseiOno aka HaGRmA.I'm a singer-songwriter & rapper & composer.I like abstract graphic-design.23yo now.I live in Japan.

反省日記

ただの反省日記です。自分の過去にケジメをつけようと思ったので文章にまとめた次第ですが、正直大した事書いてないし無駄に長文なので、全然読まなくて結構です。ただ、大人になれなかった自分の精一杯の気持ちの分岐点とでも思って貰えれば。

 

自尊心が低いと、結構些細な事で嫉妬したり寂しくなっちゃったりして、でも人並みにプライドがあると、自己防衛で自分を持ち上げたり周りを落としたりしちゃうんですよね。

でも、それが自己防衛だなんて気づいてくれる人はなかなかいないし、本当は寂しかったり羨ましいかったりするだけなのに、ただただ周囲を不快にさせてしまってたり、誤解を招いてしまったり、結果的に自分が1番損してしまう。

その気持ちが分からない人はきっと端的に見てそれがダサいとか一言で片付けちゃうんでしょうけど、自尊心の高低差はそれぞれの生まれ育った環境によってもだいぶ違ってくるし、一人称視点で考えたらやっぱりそう簡単には片付けられないはずで、自分も以前、というか割と最近まで、そういう感情からツンツンしてた事って結構あったんですけど、やっぱりそれって凄く後悔していて、一度無くした信頼も興味も、もう元には戻ってくれないんですよね。自分はいろいろあって最近はだいぶ落ち着いたんですけど、一度失敗してしまった事ってなかなか消えてはくれなくて、壊れるのは一瞬でも立て直すのには凄く時間がかかってしまうんですよ。だから凄く反省していて、どうすればよかったのかなっていっぱい考えたんですけど、やっぱり、寂しい時には寂しいって、羨ましい事はいいな〜って、素直に表現するのが1番良いんじゃないかなって思いました。

きっと本来ならこんなに回りくどく考える必要も無く誰もが最初から自然に出来る凄く簡単な事だと思うんですけど、やっぱり生まれも育ちも違えば、中には同じ様に出来ない人もいると思うんですよ。自分もそうだったし。

なんか、ごめんなさいわざわざこんな長文で、自分の心の中のゴチャゴチャを書いただけだからだいぶ抽象的な表現になってしまってるし文章が纏まって無くて何の事言ってんのかサッパリ分かんないですよね。自分で書いておきながらキモチワルイなと思いました。すいません。でも真剣です。この話はこれで終わりなので。次の僕を見て欲しいので。これからもよろしくお願い致します。

BTGFS & よだん lyrics

StudioLamaのダウンロードカードの楽曲の歌詞がどこにも書いてなかったので自分の所だけここに書いておきます。

 

↓lyrics↓

 

World Wide Words 2016の物販にて販売されたダウンロードカード「LamaOS Preview」のみ収録された楽曲

「ビッグサンダーグレートファイティングスズメバチ

(HaGRmA verse)

 必殺猛毒needle含むこのビート
aka fuck the babylon 叫ぶ輩蔓延る殺伐な色
煮える動力炉から全てBlowin'
秘める猛毒を守るmy policy
from minority 今このマイクを握る
飛べない羽はちぎって捨てる
地に足着いてる Breakin' the 不安

 

2017年7月29日にリリースされたダウンロードカード「LAMA II」のみ収録の楽曲

「よだん」

(HaGRmA verse)

 どうでもいい面倒事ばかり
物分かり悪いってのは言い訳
届かないのは言葉足りんだけ
頑張るぜ!の一言 誰でも言える
寝てる間に休日は終わる
メンタルケアにチョコレート食べる
馬鹿でもわかる単純明快なメビウスの輪の上の解に今日も辿り着く

 (hook)

要らない心の動き止めて切り捨ててく短絡的モノローグ

 

f:id:Ono_Jinsei:20180316021445p:plain

 

STAY

お久しぶりです。

昨年の11月に公開した楽曲“STAY”について書きます。

niconico


YouTube↓ 

 下記のリンクからインストとアカペラ含む計3トラックが、G!nさん書き下ろしのジャケットとセットでダウンロードできます。無料です。インストやアカペラはご自由にお使い頂けるので、リミックスや歌ってみたなど是非やってみてほしいです↓

f:id:Ono_Jinsei:20180116230135p:plain

動画のコメント欄にも追記しましたが、連携サイト Paoone(パオーン)より、楽曲の関連グッズが発売されました。そちらも是非チェックしてみて下さいね。

↓イメージ↓

f:id:Ono_Jinsei:20180318200114j:plain   f:id:Ono_Jinsei:20180318200109j:plain

動画内でキャラクターが着ているものと同じバックプリントのジップパーカーです。

f:id:Ono_Jinsei:20180318200102j:plain   f:id:Ono_Jinsei:20180318200106j:plain

 歌詞についてですが、ドットの文字で見づらいとの声がありましたので、ここに載せておきます。

 ↓lyrics↓

STAY / HaGRmA

目をやるiPhoneスクリーンまたも死んだ目
頭ん中は銀河系を徘徊してる
僕ら相対してる者は
いついかなる時も
disりたがる落ち度
劣等感終息出来ずに溜まる後遺症
引きずりまたも逃避行
持て余すバイタリティー
向かう先が迷子になり撒き散らしたアイロニー
I'm thinking that it's 意味無い
言葉の行き先不確定のキリないボヤきに goodbye 告げる頃合い見失ってる
drop of tears in the depths of your eyes and mind
頭の上浮かぶ点滅信号に負けないように抗ってく
butterfly effect
まだまだ改善の余地探し廻り廻る世界線の内側の悪しき風潮壊す為の叫び
灯火のブルース

 ねえ ねえ
急かさないで
もう少しここに居させてよ
行き場を無くした言葉は
歌に乗せて届けるよ

日々着々と形変える世界で
意志薄弱な僕らが歌った歌が
瘡蓋や傷口癒せるならまだ歌うよ
リリカルに綴れないままの柵
息がつまる事もあるがそれ故に見つける事
切り捨てる物1つ足りとも欠けちゃいけないんだって
ほら調子良く持論語ってるだけのそれは
当たって砕けるだけの一方通行
ならば一生空想で終わらない為の予防線
この痛みの処方箋を掴む為に singing away
胸の奥の奥の方
踊る心の扉ノックすると映る問題は breakin' again
扉壊せ because no pain, no gain
傷跡だらけの瞳
もうなにがあってもブレやしない

ねえ ねえ
急がないで
もう少し踊っていてよ
行き場を無くした言葉が
溶けて消えないようにさ

ねえ ねえ
急かさないで
もう少しここに居させてよ
行き場を無くした言葉も
いつか君に届くかな

 

ご報告。

今年の夏、7月の29日土曜日13時から、渋谷WOMBにて行われた「World Wide Words 2017」という毎年恒例のライブイベントで、去年同様、StudioLama(所属しているレーベル兼クルー)のメンバーとして自分もステージに立たせて頂いたのですが、先日、ポップポータルメディア「KAI-YOU」の記事にてイベントの際のライブ動画を載せて頂きました。

 

記事↓

kai-you.net

 

動画↓

youtu.be

 

それから、このイベントの公式マイクリレーを今年はStudioLamaでREMIXする事になり、その動画も先日公開されました。StudioLamaでは初の実写MVですね。是非聴いてみて下さいね。

 

YouTube

youtu.be

 

niconico

nico.ms

 

 

自分もガッツリ映っているので、是非見てみて下さいね。

f:id:Ono_Jinsei:20180316024528j:plain

 

Released LamaOS

去年自分が制作に参加させて貰ったアルバムが、先月発売を開始したので、ご報告程度に紹介させてください。

StudioLama 1st Album「LamaOS」

f:id:Ono_Jinsei:20170202104410p:image

僕の語彙力では一曲ずつの紹介は出来ませんが、総じて最高にかっこいいアルバムになってると思います。

自分も5曲ほど参加させていただいてます。

是非是非聴いてみて欲しいです。よろしければ買ってみて下さいね。

 

↓購入はこちらから↓

https://doarat-official.stores.jp/

 

↓アルバムの特設サイトはこちら↓

http://studiolama.net/lamaos

 

↓StudioLamaの公式ホームページはこちら↓

http://studiolama.net/

 

↓アルバムのクロスフェードです↓

https://youtu.be/UfBzdNBvkAw

 

↓こちらの2曲が先行配信されています↓

 

https://youtu.be/GtiVteuSi_0

 

https://youtu.be/lPFsMfl_QqU

 

よかったら聴いてみてください。

 

 

 

このアルバムへの参加は、

今までずっと独りで活動してきた自分にとって

何よりも楽しい時間でした。そこには、独りでは絶対に得られないワクワクドキドキと達成感がありました。

この気持ちをバネに、今年もさらなる飛躍の年にしていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

たいせつなもの

子どもの頃からずっと、こだわりが強い事で周囲からだるがられて除け者にされてきた。でも、そんな自分を殺さずに活かして生きていけるアートの世界が俺は大好きなんだ。

‪曲を作って褒められても、歌をうたって褒められても、友達はできなかった‬。
自分が本当に欲しいものは、抜群の歌唱力でも、ギターのテクニックでも、作曲のスキルでもないのかもしれない。
誰から認められたいわけでも尊敬されたいわけでもない。

憂鬱を消化するために歌にしたのが始まりだったんだ。

直接言っても聞いてもらえない言葉を聴いてもらうために歌詞にしたんだ。
本当はただ友達が欲しいだけだったのかもしれない。
本当はただみんなと同じ様に、振り返って懐かしむ事の出来る思い出が欲しかっただけなのかもしれない。
でもね、気がついたんだよ。上っ面だけの友達なんていないのと一緒だって。

一緒に遊びになんて行かなくても、誕生日祝いのプレゼントなんて渡さなくても、たまにしか会う事がなくたって、お互いに信頼し合える、お互いに尊敬し合える、どこで何してたって大好きな音楽でずっとずっと繋がっていられる、そんな大切な友達が1人でもいれば十分だって思えたんだ。

人間誰だって生まれた時には何もないから、何もない事が当たり前だって思えたら、あったかい飯を食って、あったかい布団で眠れるってだけで、十分に幸せを感じる事が出来るのかもしれない。

結局モノローグはモノローグのまんまだ。でもそれでもいい。

また今日も音楽に語りかけるんだ。

おはよう。

"良い曲"ってなんだろう

最近めっちゃ思うけど、

"良い曲"って、リズムやピッチの善し悪しでも楽器のテクニックでも無いなっていうか、リズムやピッチの善し悪しなんてもはや無いっていうかさ、何が正しいとか無いし、細かな技術云々じゃなくて、聴く人がシンプルに"良い曲"って思うかどうかだよなって、
それらのベースになる技術ってのはもちろん必要だとは思うけど、そもそも"技術"として曲を聴く人の方が圧倒的に少ないし、大抵は"曲"としてその曲を聴くから、テクニックを基準に作った曲っていうのは、大概イントロでお腹いっぱいになったり、聴いてて耳が疲れるって人の方が多いんじゃないかな。
まあそんなの当たり前の事かもしれんし、今更かもしれんけどさσ^_^;
最近特にそう感じることがよくあって、もうギタソロで技術的な事にいちいちこだわるのもやめよって思った。
ギター好きだからちょっと寂しいけどヽ(;▽;)ノ